リュック4種類、どれにしよう?

hikeに新しいサイズが増え、ますますリュックの種類が増えてきたcluetoです。

 

種類が増えるとどれを選んだらいいか悩む方も多いかと思います。

今日はそんなたくさんあるリュックから、選ぶ際のおススメポイントなどをご紹介していきたいと思います!

 

 

比較するのはこちらの4種類のリュック。

左からloiter、hike35、camp、land35です。

(今回hikeは真ん中のサイズで比べてみます)

 

 

まず比べてみるのは、サイズ、重さ、容量、ポケットの数です。

 

入れる荷物は

 

A4ファイル

バッグインバッグ

長財布

ポーチ

手帳

スマホ

パスケース

キーケース

水筒

 

です。

 

 

 

 

 

【loiter】

 

●サイズ 縦36cm 横26cm まち14cm 持ち手56〜98cm

●重さ 665g

●ポケットの数 (中側)小サイズ2つ(外側)中サイズ3つ

●容量 

A4ファイルは横のホックを外すと入ります。

横のポケットには水筒やペットボトルが入りますが、中にたくさんお荷物を入れたい場合は横のポケットに厚みのないものを入れた方が良さそう。

中にはもうちょっとだけ、背中の隠しポケットにもまだ少し入りそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【hike35】

 

●サイズ  縦40cm 横25cm 横口幅(ファスナー幅)35cm まち12cm 持ち手56〜9cm 手持ち27cm

●重さ 600g

●ポケットの数 (中側)小サイズ3つ(外側)大サイズ2つ、中サイズ2つ 計4つ

●容量 

荷物を入れ、中はまだ余裕があります。

外のポケットもあまりが出たので、折りたたみ傘などがまだ入りそうです。

水筒や傘などが立体的な外のポケットに入るのが大きなポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

【camp】

 

●サイズ  縦39.5cm 横27cm(最大幅40cm) まち12cm 持ち手20cm(手持ち部分)78〜84cm(ショルダー部分)

●重さ 610g

●ポケットの数 (中側)小サイズ4つ(外側)大サイズ1つ、中サイズ3つ 計4つ

●容量

A4ファイルを入れても横のホックを留めることができます。

外のポケットは、大きなものより細々したものをたくさん入れたい方におススメ。

あまりたくさんのお荷物や重たいものを入れるとホックが外れやすいので、重たいものをたくさん入れるのは要注意。

 

 

 

 

 

 

 

【land35】

 

●サイズ  縦39cm 横25cm 横口幅(ファスナー幅)35cm まち14cm 持ち手60〜88cm

●重さ 540g

●ポケットの数 (中側)小サイズ3つ(外側)大サイズ1つ

●容量

中はまだものを入れられる余裕があります。

外ポケが大きいのでお財布なども余裕で入り、背中側なので安心。

一番軽くてシンプルなデザインです。

 

 

容量はhike35が一番入り、出し入れがしやすいのは口がファスナーのhike35とland35です。

loiterとcampはあまりないデザインで見た目にとっても可愛い!

お店でも人気の商品です。

 

 

 

背負った時の可愛さno.1!

loiterはお店でもネットショップでも人気。

ランドセルのようなデザインが背負うとワクワクします。

 

 

3サイズあり、男女世代問わず人気なhike。

立体的なポケットは色んなものを入れていただけて、機能的。

ご夫婦でお揃いの方なども多いです。

 

 

cluetoのリュックとして、昔から愛されているcamp。

色違いやリピーター率no.1です。

スッキリしながらもポケットが多く、使いやすいです。

スカートやパンツどちらでも合わせやすいです。

 

 

最もシンプルでスッキリしたデザインのland。

余計なものを省き、より気軽に使っていただけるリュックとなっています。

飽きのこないデザインでどんなお洋服にも合わせやすいです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

デザイン、機能面、サイズなど選ぶポイントは人それぞれですが、どのリュックも気づいたら使っている、お気に入りのひとつになれば嬉しいです!

 

 

各リュックのサイトはこちらから

loiter(倉敷帆布リュック)

camp(倉敷帆布リュック)

hike(倉敷帆布2wayリュック)

land(倉敷帆布リュック)