タンニン染め帆布の変化について

ご質問が多く、また実店舗でもお客様が見られてビックリされるタンニン染めの帆布の色の変化をちょっとご紹介させていただきますね。
画像では分かりにくいのがくやしいのですが、、少しでも伝わればうれしいです!

まずはチノパンのベージュのような色合いのタン。
こちらは栗とミモザの渋で染めています。

左が2年ほど使用したものです。これは画像でもはっきり分かりますが、かなり色が濃くなっていますねー

革もそうですが、ヌメやキャメルのように明るい茶系は変化がはっきり分かりますね!
次は私が三年ほど使用したオリーブ。(画像左)
こちらは栗とミモザの渋で染めた後に鉄媒染をしものです。

ほぼ三年間、毎日の通勤で使っていましたが、かなりオリーブになっていますね。元はカーキというかグレーがかったような色がオリーブグリーンに仕上がりました。

個人的にはミリタリーっぽい雰囲気の色合いが好きです。いろいろなお洋服に合わせやすいのも気にいっています。

 

タンニン染め帆布バッグ一覧はこちらから☆